いびき治療(耳鼻科歯科連携)

歯科医と耳鼻咽喉科医による連携治療

「眠りが浅い?」それ、いびきが原因かも

周りの人から「いびきがうるさい」といわれた経験はありませんか?
いびきをかいていると眠りが浅くなり、日中の眠気をもたらします。結果、仕事の能率低下や居眠り事故など、社会生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。

また、いびきがひどい方は「睡眠時呼吸症候群」の症状も疑われます。「睡眠時無呼吸症候群」とは、寝ている間に何回も何10秒間か呼吸が止まってしまう状態です。

長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸がつづきますと、高血圧、不整脈、心臓病、糖尿病などを誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねきます。

「いびき」はまさに、自分で自分の首を絞めている状態。一刻も早く治療を始めることをおすすめします。

いびき、睡眠時無呼吸症候群

無呼吸とは10秒以上、呼吸が止まってしまうことをいいます。
睡眠時無呼吸症候群は気道の閉塞などが原因で睡眠中に何度も呼吸が止まる病気で、睡眠中に無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態を睡眠時無呼吸症候群といいます。
この病気を放置していると高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの循環器疾患を合併する危険が高くなります。

症状

大きないびき、起床時の頭痛・熟眠感がない、日中の眠気・集中力の低下、抑うつ・気分の低下など

検査から診断

当院では睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合、呼吸、血中酸素量を測定できるスクリーニング検査(簡易携帯睡眠検査)を在宅で行っていただきます。

スマートウォッチ

簡易携帯睡眠検査
スマートウォッチ PMP-300E
※この器械を貸出いたします。ご自宅で睡眠中の「いびき」の状態について測定をしていただきます。

治療

適切な治療を行うと、日中の眠気や倦怠感など症状がなくなるだけでなく、合併症の予防や睡眠の質を改善することができます。
いびきの原因として、鼻中隔の弯曲などによる鼻閉や扁桃肥大などによりのどのスペースが狭くなっていることが考えられる場合には、鼻中隔弯曲矯正術や咽頭形成術などの手術療法で改善することもあります(手術が必要な場合には病院をご紹介いたします)。
鼻やのどのスペースに異常がなく、軽症の方は減量や飲酒を控えるなど生活習慣の予防により症状が改善することがあります。
中等症から重症の方はCPAP療法やスリープスプリント(マウスピース療法)の選択があります。

当院では睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合、呼吸、血中酸素量を測定できるスクリーニング検査(簡易携帯睡眠検査)を在宅で行っていただきます。
検査で睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、CPAP療法の導入や歯科でスリープスプリントの作成を行っております。

CPAP(シーパップ 持続式陽圧呼吸)療法とは

のどの柔らかい組織が内側に引き込まれて気道が狭くなるのを押し開くために、鼻に装着したマスクから空気を送り込んで、気道に一定の圧力をかけます。そうすることによって鼻からスムーズに呼吸をすることができるようになり、いびきをかかなくなります。

いびきの気になる方、寝ている時に息が止まっていると言われたこのとある方はどうぞお気軽にご相談ください。

CPAP本体

CPAP本体
この器械を睡眠時に使っていただきます。
コンパクトな大きさで持ち運びにも便利です。

スリープスプリント

スリープスプリントとは、寝るときに下のあごを持ち上げるように工夫されたマウスピースのことです。睡眠中に装着することで、スリープスプリント気道(空気の通り道)が広がり、いびきや無呼吸、低呼吸の症状が改善されます。

当院では、患者さんの空気の通り道と、口蓋の振動パターンを変えるために、あなたの歯に適合した装置を製作します。

正常な場合

気道は十分開いています。

いびき症

肥満で大きくなった舌が塞いでしまい、呼吸が妨げられています。

スリープスプリントを入れると

スリープスプリントは舌を持ち上げ気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療で行う手術には

UPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)とLAUP(レーザー口蓋垂軟口蓋形成術)という方法があります。必要があれば紹介状をお出しします。

UPPPという方法は睡眠時無呼吸症候群の治療に効果があります

口蓋垂を含めた軟口蓋を切除し、口側と鼻側の粘膜を縫い合わせて、ピンと突っ張るような感じにしてしまいます。手術は全身麻酔をし、10日間弱入院する必要があります。

扁桃肥大があり、軟口蓋が長い人に有効です。肥満度が大きいと、手術効果は弱まります

LAUP(レーザー口蓋垂軟口蓋形成術)

LAUPはいびきや軽症の睡眠時無呼吸症候群を治療するのに用いる方法です。
UPPPほどは切除せず、レーザーで口蓋垂を焼ききります。

※この治療は耳鼻科医、口腔外科医によって行われます。