いびき治療・口臭

「眠りが浅い?」それ、いびきが原因かも

周りの人から「いびきがうるさい」といわれた経験はありませんか?
いびきをかいていると眠りが浅くなり、日中の眠気をもたらします。結果、仕事の能率低下や居眠り事故など、社会生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。

また、いびきがひどい方は「睡眠時呼吸症候群」の症状も疑われます。「睡眠時無呼吸症候群」とは、寝ている間に何回も何10秒間か呼吸が止まってしまう状態です。

長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸がつづきますと、高血圧、不整脈、心臓病、糖尿病などを誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねきます。

「いびき」はまさに、自分で自分の首を絞めている状態。一刻も早く治療を始めることをおすすめします。

スリープスプリント

スリープスプリントとは、寝るときに下のあごを持ち上げるように工夫されたマウスピースのことです。睡眠中に装着することで、スリープスプリント気道(空気の通り道)が広がり、いびきや無呼吸、低呼吸の症状が改善されます。

当院では、患者さんの空気の通り道と、口蓋の振動パターンを変えるために、あなたの歯に適合した装置を製作します。

正常な場合

気道は十分開いています。

いびき症

肥満で大きくなった舌が塞いでしまい、呼吸が妨げられています。

スリープスプリントを入れると

スリープスプリントは舌を持ち上げ気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療で行う手術には

一般的にはUPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)とLAUP(レーザー口蓋垂軟口蓋形成術)という方法があります。

UPPPという方法は睡眠時無呼吸症候群の治療に効果があります

口蓋垂を含めた軟口蓋を切除し、口側と鼻側の粘膜を縫い合わせて、ピンと突っ張るような感じにしてしまいます。手術は全身麻酔をし、10日間弱入院する必要があります。

扁桃肥大があり、軟口蓋が長い人に有効です。肥満度が大きいと、手術効果は弱まります

LAUP(レーザー口蓋垂軟口蓋形成術)

LAUPはいびきや軽症の睡眠時無呼吸症候群を治療するのに用いる方法です。
UPPPほどは切除せず、レーザーで口蓋垂を焼ききります。

※この治療は耳鼻科医、口腔外科医によって行われます。

口臭で悩んでいる方へ~口臭治療

会話の途中、自分の口臭に気付いたことはありませんか?親しい家族や友人から、口の臭いについて指摘されたことはありませんか?

口臭は、細菌が出すガスなどの物質などが原因。実は、虫歯や歯周病の病巣には細菌がたくさん棲んでいて、口臭の原因になると言われています。

ですから、通常の虫歯や歯周病の治療を行い細菌が除去されれば、自ずと口臭は改善されます。ほとんどの場合、特別な治療方法は必要ありません。

「口臭が気になって、人前で満足にしゃべれない」という方、口を清潔に保つことで、ぜひ爽快な息を手に入れてみてはいかがでしょうか?