往診について

往診(訪問診療)を行っております

様々な状況により通院が難しいとの問題を抱えている方はいませんか?

当院では、歯科医がご自宅に訪問して歯科診療を行う【往診(訪問診療)】も承っております。健康保険制度や介護保険制度を利用することができるので、費用などの心配もありません。

往診では、一般の診療に比べて、ご自宅で治療できるため患者さんもリラックスできます。また、介護に付き添われるご家族の負担も取り除くことができるのです。

往診(訪問診療)のメリット
自宅で歯科診療を行える
患者さんもリラックスして治療が受けられる
介護者の方の負担も減る
誤えん性肺炎を予防できる(リンク)
診療内容
  • 入れ歯の調整
  • むし歯治療
  • 口腔ケア
  • 歯石除去(スケーリング)
  • ブラッシング
  • レントゲン撮影(ポータブルレントゲンを使用します)
訪問歯科診療をご希望の方

安田診療所:歯科に電話等でお申し込みください。

一般訪問診療をご希望の場合 安田診療所 歯科 03−3712−1344

要介護者訪問口腔調査制度

目黒区にお住まいの方で、要介護度2〜5の介護認定を受けている方を対象に、ご希望により歯科医がご自宅に訪問して歯科診療を行い、その結果のご説明とその後の対処方法をアドバイスを行っております。
要介護者訪問口腔調査制度は目黒区歯科医師会が委託されており、ご連絡後医師会が担当歯科医を選び、診療や口腔ケアを受けることができます。

要介護者訪問口腔調査制度でお申し込みの場合 目黒区役所健康推進課 03−5722−9584

口内環境の悪化が肺炎を引き起こす〜誤えん性肺炎について

「誤えん性肺炎(ごえんせいはいえん)」とは、口の中にすみついた細菌が、誤って唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎のことです。

肺炎はわが国の65歳以上の死亡原因の大多数を占めています。
この肺炎の大部分は、誤えん性肺炎だと言われています。つまり、どうしても口内環境が悪化しやすい寝たきりの高齢者の方にとっては、非常に身近な疾患だといえます。

誤えん性肺炎を予防するには、定期的な口腔ケアが大切です(口の中の清掃を行うだけで誤えん性肺炎の発症率が半減するといわれています)。

ぜひ往診を利用することで、適切な予防を行いましょう。