審美歯科・ホワイトニング

審美歯科

銀歯を白くしたい!審美歯科とは?

笑ったときの銀歯が気になる」「以前治療した差し歯が変色してきた」「前歯の形が気になる」「『かぶせもの』をした歯ぐきが変色している」……
歯の色・形など、口元にコンプレックスを抱えている方はいらっしゃいませんか?
そんな方にオススメなのが「審美歯科治療」です。

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。最近では、気軽に白く健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」とも言われています。

審美歯科には大きく分けて、かぶせもの・つめものといったセラミックを使用する「セラミック治療」と「ホワイトニング」があります。このコンテンツでは、主にセラミック治療をご紹介します。

当院では口腔内カメラ(歯科用口腔内カメラ SOPRO)を用いて、患者さんの歯の色を正確に判別。この結果をもとに、より自然な色の歯を再現しております。

美しい透明感のある歯〜オールセラミック

「オールセラミック」とは、歯を全体的に薄く削ってセラミック製のクラウン(かぶせもの)を被せる治療法です。
オールセラミックは、長年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯のような美しさを保ちます

上:メタルポスト オールセラミック
下:ファイバーポスト オールセラミック

オールセラミックの特徴
短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
金属を使用しないため、歯茎の変色や金属の露出などがない
金属アレルギーの方にもオススメ
オールセラミックのデメリット
比較的高価である

丈夫で割れにくい〜メタルボンド

金属でできた歯の外部を、セラミックで覆ったかぶせものです。

見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さんがよく選択される治療法です。
また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです。

また、セラミックは細菌が付着しにくい材質であるため、本来の歯よりも汚れが付着しにくいという特徴もあります。

メタルボンドの特徴
表面硬度が高く、摩耗しにくい
色素が付着しにくく、変色がない
歯茎や歯が黒ずんで見えることがある
オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
メタルボンドのデメリット
色調はオールセラミッククラウンに劣る
金属アレルギーの方には向いていない

白くて美しい”つめもの”〜セラミックインレー

「セラミックインレー」とは、セラミック製のインレー(つめもの)を使用した治療法です。

従来の「銀歯」では、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。

セラミックインレーの特徴
自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
金属アレルギーの方も安心して利用できる
セラミックインレーのデメリット
比較的高価である

貼り付ける”白い歯”〜ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。

みなさんもよく使っているネイルチップ(付け爪)みたいなものを想像してください。チップであるため、「すきっ歯」の治療にも有効です。

ラミネートベニアの特徴
ホワイトニングよりもより自然な白さに
すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる
ラミネートベニアのデメリット
健康な歯を削る必要がある
割れることがある

ホワイトニング

ホワイトニングって?

歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない加齢や、遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法です。最近ではとてもポピュラーな治療方法なので、名前を知っている方も多いのではないでしょうか。

ホワイトニングでは、歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

好きな時間にホワイトニング〜ホームホワイトニング

ホームホワイトニング」とは、ご自宅で患者さんご自身が行うホワイトニングのことです。

まず患者さんの歯並びにフィットしたマウストレーを作成します。そこに低濃度のホワイトニング剤を注入し、口に装着するだけ。手軽にできるのが特徴です。毎日2〜8時間装着しているだけで、約2週間程度で歯が白くなっていきます。

「寝ているあいだ」「テレビを見ながら」「通勤途中に」など、忙しくてわざわざ通院して治療を受けることができない、という方にオススメの治療方法です。

とはいえ、治療を患者さんご自身で管理する必要があるため、「自分は3日坊主かも……」という方には、あまりお勧めできません。

ホームホワイトニングのメリット
低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
透明感のある自然な白さを得ることができる
ご自身のペースでホワイトニングができる
後戻り(リバウンド)が少ない
ホームホワイトニングのデメリット
効果発現が遅い
治療を自分自身でコントロールする必要がある
ホームホワイトニングの流れ
  1. まず歯科医が歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。過去に入れたつめものを取り換えたり、むし歯の治療が必要な場合もあります。そして型を取ります。

  2. 歯科医が製作した患者さん用トレーにジェルを流し込みます。

  3. 歯を磨き、トレーを口に入れます。トレーの端に歯をあわせます。

  4. 清潔な指か、やわらかい歯ブラシで余分なジェル材を取り除きます。
    口を2回すすぎます。※注意:すすいだ水は飲み込まないでください。

早く白くなりたい方へ〜オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、診療室で歯を白くする方法のことです。
約1時間程度で白くなります。

短期間で歯が白くなりますので、「はやく白い歯になりたい!」という方にはおススメです。ただ、ホームホワイトニングよりも強い薬剤を使用するため、しみたりすることがあります。

オフィスホワイトニングのメリット
効果が早く現れる
オフィスホワイトニングのデメリット
高濃度の薬剤を用いるためしみることがある
治療ごとに通院しなければいけない

よくあるご質問

ホワイトニングは痛くないですか?
ホワイトニングを行う歯に問題がなければ、まったく痛みませんし、歯を削ることありません。
歯に明らかな亀裂や破折、すでに知覚過敏がある場合でも、適切な治療を行うことによって、ホワイトニングは可能です。